マラソンというスポーツは思っている以上に全身の筋肉を使います。

疲労回復や怪我予防のためにも、ストレッチは日々しっかり行う事うようにしましょう。


1.少しジョグした後にストレッチを行うほうが効果的

トレーニング前に軽く準備運動をしても構いませんが、最初はスロージョグを1キロほど行ったところで、ストレッチを行うことをお勧めします。

身体が少し温まっているほうが細胞が活発化してきて、身体を動かしやすいためです。

時間がないから準備運動を省略なんて人もいるかもしれませんが、実はとても危険です。

体と心も急に動かすと驚いてしまいます。

特に早朝トレーニングは脳も起きたばかりなので、ストレッチも念入りに行い、ゆっくり走り出すことをお勧めします。

あと、冬場は身体が寒さで固まっているので、良くほぐして温めてあげるよう意識しましょう。

このように筋肉や関節をほぐすことによって、身体が動かせる範囲が広くなり、無駄な力が抜けて一番良い状態でマラソンをする準備が整うというわけです。

マラソン初心者はぜひ実行しましょう。

他にもリラックス効果など色々なメリットがあり、上達への手助けとなってくれることでしょう。

終わった後も軽くストレッチをすることで、より疲労回復の効果があります。




多くのランナーが集まる皇居周辺には、ランナー御用達の銭湯がいくつかあります。

マラソン後のお風呂はとても気持ちよく、何度もリピートしてしまう方が多いみたいですね。


2.初心者にお勧めのストレッチメニュー

学生時代に部活で準備運動を欠かさずやっていたという方も、あれから何年も経てばだいぶ忘れてしまっているのではないでしょうか。

まずは屈伸を行いひざを伸ばしましょう。

かかとを浮かせずゆっくり深呼吸しながら、どこが伸びているのか意識しながら行う事が大事です。

続いて後ろ足のふくらはぎとアキレス腱、そして骨盤を意識しながら腰回りや、肩甲骨とほぐしていきます。

最後に手首と足首を回しておしまいです。

途中、走っているうちに違和感を覚えるようでしたら、無理して走り続けずに、止まって気になる箇所をしっかりストレッチするようにしましょう。

初心者の方はランニング教室などで正しいストレッチ方法や、フォームも学べる授業を一度受けてみてはいかがでしょうか?

プロのランナーから直接指導を受けることが出来る貴重な機会です。

今まで知らなかった事も沢山知れて、今後さらに上達するためには行ってみるのも良いですよ。

レッスン代は1時間で2000円くらい。

もしかすると同じ初心者の仲間に出会えるかもしれません。