ランニング初心者でクールダウンをしっかりしているランナーは意外に多くありません。

ランニング初心者の場合走るのに精一杯で走り終わってから何かするという気力がない事が多いです。

しかしクールダウンを行うだけの余力は残しておいてください。


1. ランニング初心者の陥りがちな悪循環

ランニング初心者でクールダウンをきちんと行っているランナーはいるでしょうか。

自分なりにしているという人なら大丈夫です。

しかし初心者の場合走る事に全力を尽くしもう動きたくないと言うのはランナーが結構います。

よく走った後は座りこまない事と言われますが、座り込んだとしてもストレッチなどをして筋肉をほくせばいいのです。

歩き回る必要性はありませんが、座り込んだまま何もせず寝転がってしまうと筋肉が固まってしまうことなのです。

クールダウンを怠ってしまうと次の日「あれ体調がおかしいな」という事が多いです。

ランニングを続けている人の場合それでもそんな状況下でも走る事はできますが、
初心者の場合「今日はちょっと体調が悪いから走るのやめよう」という考えを持ってしまいます。

そして休みのに慣れてしまいその次の日もなんとなく走る事をしないという悪循環に陥ります。

初心者は特に次の日の事を考えてクールダウンを行えるだけの余力を残してランニングを終えてください。

トレーニングでラストスパートをかけるより重要な事です。





1. クールダウンで怪我を回避する

ウォーミングアップをする、ランニングをする、クールダウンをする。

この一連の流れがランニングだと思ってください。

怪我をしないようにするのも大事な練習の一環です。

特にアキレス腱、膝周り、腰周りは入念にやったほうがいいでしょう。

10分程度クールダウンにさけたらいいですが恐らくそこまでかけていないランナーが多いと思います。

大事なのは時間をかけるという事よりも各部位を伸ばす、縮めるということが大事です。


2. クールダウンのルーティーンを作る

走り終わったら間髪入れずアキレス腱を伸ばす、それが終わったら膝をぐるぐる回す、その後足首を回し、腰を回す。

一つの例ですが自分なりのルーティーンを作ったらすんなりできます。

またパートナーがいる方は座って前屈をする際に腰を押してもらったり立ったまま背中合わせになって
腰を伸ばし合うといったようなことをしたらこうかてきです。

自分がやりやすいようなパターンを作って仕舞えば怠るという事はなくなるでしょう。


2. お風呂でのクールダウン

お風呂でもクールダウンを行う事ができます。

湯船に浸かって足を揉んだり肩を上下させたり首を左右に振ったりすると効果的です。

また、膝や太ももに冷水をかけてアイシングを行うのも効果があるので是非試してください。

夏場などは気持ちよくおすすめです。