ランニング初心者がマラソン大会に出る上で筋力トレーニングが必要かという問いに対して私の答えは必要ではないと答えます。

しかし筋力トレーニングをして損するというわけでもないです。

ここでは初心者の筋力トレーニングについてアドバイスします。


1. 筋力トレーニングは必須ではない

私はランニング初級者がマラソンを行う上で筋力トレーニングがそこまで重要だと思っていません。

初級者に関わらず、サブフォー程度の中級者までは特に必要がないものだと思っています。

しかし必要がないということと効果がないというのはイコールではありません。

筋力トレーニングのプライオリティーは低いということです。

初心者ランナーはと言うのはランニングをするということに対して中、上級ランナーに対して敷居が高いです。

例えば「今日は10キロ走る」と言う目標があったとしたら、上級者からしてみると「10キロ走ればいいの?」という距離ですが、
初心者から見たら「10キロも走らなければいけないの?」と言う反応を示すと思います。

それだけ走るという行為に対して印象が違うのです。

何が言いたいかというと初心者ランナーはまずランニングをするのを最優先に考えるべきだということです。




サッカーを仕立ての選手にダッシュの練習をさせるよりボールを蹴らせるのを優先させるようにランニング初心者は走るのを優先させてください。


2. 走れない場合に筋力トレーニングを

上記でも書いたように初心者ランナーはまず走ることです。

しかし雨や雪などで走れない日があります。

そんな時に筋力トレーニングをするのはいいと思います。

腹筋や体幹をトレーニングすると効果を示すことがあるでしょう。


3. 筋力トレーニングに対する考え方

一番間違えた初心者ランナーの考え方を紹介します。

練習日誌をつけている方で一日どれくらいで走ったか記録しているランナーが今日は走らなかったけど
筋力トレーニングを行ったので3キロ走ったのと同じと考え走行距離に加えてしまうことです。

走る事と筋力トレーニングは別なのでいくら筋力トレーニングをしたからといっても走る距離を減らしていいと言う事はありません。

筋力トレーニングはあくまで筋力のトレーニングであってマラソントレーニングではありません。

筋力トレーニングばかりしていてもランニングの上達にはつながらない事を頭に入れておいてください。