マラソンは特に道具や知識がなくても気軽に始められるスポーツですが、一つだけ必要な道具があります。それがランニングシューズです。

ランニングシューズが無いと怪我の原因になり危険です。ここでは、初心者の方がシューズを選ぶ際のポイントをご紹介します。


1.まずはとにかくサイズが大事

スポーツショップに行くと、様々なシューズが並んでいます。あまりにも種類が多すぎて、どれを選んだらいいのか見当もつかないかもしれません。そこでまず注目していただきたいのが、サイズです。

「なんだそんなこと」と思ったでしょうか。でも、いろいろな機能が付いていて迷ってしまいがちだからこそ、まずは基本を大事にすることが大切です。

初めてランニングシューズを履くと、特に幅については、スニーカーのような普段の靴と比べて窮屈な感覚を受けると思います。

でも、それが正解です。普段の靴と同じような余裕があると、走っている時に足が固定されず、力をロスしてしまいます。

ただし前後の長さがあまりにピッタリだと、特にマラソンの後半で足がむくんだ時に指が圧迫されて痛くなってしまいます。

目安としては、つま先に指一本分くらいの余裕があるといいでしょう。


2.エントリーシューズで大事にしたい衝撃吸収性と安定性

次に大事にしたいのが、衝撃吸収性と安定性です。マラソンは極端に足に負担のかかるスポーツです。

一歩の着地で片足が受ける衝撃は、体重の2倍から3倍にまでなると言われています。そんな大きな衝撃を何千回も何万回も繰り返すのです。




特に初心者ランナーはまだ筋力が付いていなかったり、負担のかかるランニングフォームになっていたりすることがよくあります。

踵部分に厚みがあり、衝撃をしっかり吸収してくれるシューズを選びましょう。

また安定性も大事です。着地したときに足がグラグラしてしまうと、関節に負担がかかってしまいます。

とはいっても、そもそもランニングに適した仕様で作られているシューズなので、初心者の方が足を入れただけで安定性を確認するのは、少し難しいかもしれません。

目安としては、シューズのつま先部分と踵部分をつかんで、ぞうきんを絞るようにシューズを捻ってみましょう。

捻りやすいものは安定性が弱く、捻りにくいものは安定性が強いシューズです。いくつか試してみると違いが分かると思います。

実は、安定性は衝撃吸収性と相反する要素だとも言えます。衝撃を吸収するクッションが強すぎると、フワフワしてしまって不安定になってしまうからです。

そのためこの2つの要素はバランスが大事になりますが、まとめれば「踵部分が厚く、なおかつ捻りにくいシューズを探す」という探し方になるでしょう。

ショップに行くと、どうしてもデザインや軽さなど、分かりやすいところに目を奪われがちです。

ですがランニングシューズは消耗品です。もちろんファッション性も大事ですが、まずはフィット感や機能面を大切にして、自分に合ったシューズを見つけてください。