冬場のトレーニングをする上で、スパッツは寒さを軽減してくれる役割があるので、多くのランナーが愛用しています。

しかし寒さ対策だけではありません。

特にマラソン初心者にこそスパッツの使用をお勧めしたい理由があるので、3つほどご紹介したいと思います。


1.正しいマラソンフォームを身につけるため

初心者は長距離を走り続けるために、まずは正しいフォームを身につけることが大変重要です。

スパッツは関節や骨盤をしっかりサポートしてくれる役割を持っています。

肉離れなどの予防、疲労の軽減、さらに上達するためにも、こういったスパッツの使用をお勧めします。

代表的なものが、ワコールのCW‐Xなどがあり、少々値段はしますが性能は抜群です。


2.初心者に足りない筋肉をサポートするため

初心者ランナーには長時間のマラソンを走り続けるための筋肉が不足しています。

いくらほかのスポーツを長年やっていたとしても、使う筋肉が違う場合もあるので、運動神経や体力に自信がある方でも、長距離は走り続けられないという方も多いです。

スパッツはマラソンで特に使う太ももやふくらはぎ周りの筋肉を中心に、下半身全体の筋肉をしっかりサポートしてくれます。

無駄な揺れを軽減し厚着させることにより、余計なエネルギーを使う事なく、より安定した走りへと導いてくれることでしょう。




よく、筋肉がつくことによって痩せにくくなり、むしろ重くてマラソンに向いていないのでは?と思い、減量することへシフトしてしまう方がいます。

しかし、ダイエットをすると体力も低下してしまい、逆に疲れやすい身体を作ってしまうことになりますので、あまりお勧めできません。

もし落とすのであれば、長期のスパンで計画しながら少しずつ落としていきましょう。


3.マラソン時の日焼け防止のため

女性ランナーのほとんどは健康や美意識の高い方が多く、走りたいけど日焼けが気になるという方も多いのではないでしょうか。

さて、そんな日焼け対策としてもスパッツは効果的です。

ただ、冬場に使用したような厚手の高性能のスパッツではなく、薄手で汗をかいても大丈夫なスパッツで十分でしょう。

余談ですが、よくマラソン大会の先頭ランナーを見ると、誰もスパッツを使用していませんが、なぜでしょうか。

それは走るための十分な筋肉が備わっているため、履く必要がないためです。

ここまで初心者にスパッツをお勧めする理由を書きましたが、実は毎回必ず使用してほしいわけではありません。

高性能スパッツに慣れてしまうと、筋肉を鍛えるための妨げとなり、上達が遅くなってしまうからです。

レースに備えて、自力で走るトレーニングも必要ですので覚えておきましょう。