ランニングで腹筋が痛くなる経験をしたことがない人はほとんどいないと思います。

しかし腹筋が痛くなるのなんて初心者だけと思っていないでしょうか。

急なスピードの変化で腹筋が痛くなることは玄人ランナーでもあります。

ここではその対処法を検証します。


1.ランニング中腹筋が痛くなったらどうなるか

初心者の場合ランニング中、特に序盤に腹筋が痛くなることがよくあります。

要因はいくつもあり、まず体があったまってない状態でスピードが速く腹筋がつってしまうような痛さが出てくることがあります。

もしくはご飯を食べた直後に走ってしまったため消化できていない状態なので腹筋が痛いと感じてしまったということがあるでしょう。

走りに慣れたマラソンランナーであっても長距離走ってラストスパートをかけた時に腹筋が痛いと感じたことがあるでしょう。

初心者にとっては絶望的な苦痛で、足が止まってしまい、ずっと回復しないと思ってしまうでしょう。

慣れたマラソンランナーの場合は足が止まるまではいかないまでもスピードが出せなくなります。


1.腹筋が痛くなった際の対処法

腹筋が痛くなってしまったらまずスピードを落とすしかないです。

腹筋が痛い場合、気合だとか、根性だとか言った言葉は意味をなさなくなります。

痛さをなくすのが最重要ですが、スピードを落とし、ひたすら息を深くはくことを意識してください。

何度も深呼吸をし、耐えてください。




徐々に回復するのが分かることもあれば一気に回復することもあります。

徐々に回復した場合、スピードはすぐにあげず、しばらくそのペースで走り再発しないようであればゆっくりスピードを上げてみてください。

一気に腹筋が痛くなくなった場合でもしばらく呼吸はそのままにし、スピードを上げてみてください。しばらくそのスピードで再発しなければほぼ完全回復です。


2.腹筋が痛くなって治るまでの時間を知ろう

腹筋が痛くなった場合どれくらいのペースで走れば何分くらいで回復するか、把握しておいてください。

腹筋が痛いのはずっとではありません。

表現はおかしいかもしれませんが、その痛さがマラソンでゴールするまでの時間を知れば耐えるのも耐えやすくなると思います。

練習中にわざとペースを上げて腹筋が痛くなる状態を作ってみるのもいいかもしれません。


2.腹筋が痛くならない対処法

腹筋が痛くならないような準備はストレッチと筋トレとペース配分にあります。

十分なストレッチをすることで序盤の腹筋痛を逃れることができるケースがあるでしょう。

また腹筋を定期的に行うことで腹筋へ刺激が来ても大丈夫なようになります。

しかし何と言ってもペース配分でしょう。急激なペースアップで腹筋痛を起こす確率が高くなるので、大会などではスパートをする際はラストにとっておくといいでしょう。

最後に腹筋痛が来てもちょっとのペースダウンでしのぐことができます。