ランニングをしていると腰を痛めるランナーが多いのですが、さらに広範囲に広がる背中を痛めるランナーもいます。

背中を痛める場合ランニングフォームに問題がある場合もあります。

ランニングフォームを治して背中の痛みをなくすとともにマラソン上達を測るといいでしょう。


1.ランニング中の背中の痛みについて

ランニングをしていて背中に痛みが出てしまう場合何日間も痛みが続いてしまうということがあります。

ランニングは足回りの筋肉など主に下半身の筋肉を使っていると思われがちですが、上半身の筋肉も思いのほか使っています。

そのため初心者ランナーの場合急な運動負荷が背中にかかり筋肉痛を引き起こしてしまうことがあります。

ただ単に筋肉痛なら少しの休養で治りますが痛くなったら様子を見てみることがいいでしょう。

背中が痛くなるというのは原因がいろいろありますが一番考えられやすいのが背筋不足です。

無理に背筋を鍛える必要性はありませんが練習後のストレッチは欠かさないようにしてください。


1.背中の痛みは呼吸によっても起こりうる

呼吸法によって背中に痛みを覚えることがあると聞いたら不思議に思うランナーが多いと思いますが、
それほどランニングにおいての呼吸法は重要なものです。




理想的な呼吸法は腹筋をしっかり使って息を吐ききるという呼吸ですが、もしこれができていない場合背中に緊張をかけ続けることになります。

背中がリラックスしていない状態でランニングを続けると痛みを覚えてしまうことがあるので少しスピードを落としてでも自分の呼吸法を確立させ息を吐
ききっているかチェックする癖をつけるようにしましょう。


2.背中の痛みを軽減させるストレッチ

背中に痛みが走ったらストレッチが一番の対処法になります。

簡単なストレッチとしてあげられるのが前屈です。

前屈をして背中の筋肉を伸ばしたり後ろに沿って筋肉を収縮させたりしてストレッチを行ってください。

その他のストレッチは座らなければできないのですが、足の裏をぴったり合わせる形をとり徐々に前屈させていく方法です。

背中を伸ばすことができ、背中の痛みを軽減させることができます。

またストレッチを行う際も呼吸をゆっくり吐ききるということを意識してください。

ストレッチは多く行ってもしすぎることは無いので各箇所収縮をしてけがの防止に努めてください。