ランニング障害の中でも、ふくらはぎは最も障害の発生率が高い部位です。それだけ膝から下を使って走っている人が多いということです。

疲れを感じている程度で治まっていれば良いのですが、無理をすると大きな故障につながってしまいます。


1.ふくらはぎの筋肉にはどんな役割があるの?

ふくらはぎの筋肉を、まとめて下腿三頭筋と言うことがあります。これは腓腹筋とヒラメ筋をまとめて呼んだ総称です。

両者は別々の筋肉ですが、下のほうで一緒になってアキレス腱となり、踵の骨である踵骨にくっ付いています。

役割としてはどちらも足首を伸ばす働きがありますが、特に腓腹筋のほうは膝を曲げるのにも関わっています。

さらに、マラソンという一見単調な動きのスポーツであっても、実際の脚の動きは曲げ伸ばしだけではありません。

カーブを曲がるときなどに捻りが加わったり、スピードを変えたときに前後にブレたりします。そのような様々な動きや衝撃に、ふくらはぎの筋肉は関わっています。


2.ふくらはぎの痛みは腓腹筋の筋挫傷

そのようなふくらはぎに最近急に痛みを感じるようになったとしたら、考えられるのは腓腹筋の挫傷でしょう。いわゆる肉離れと言われるものです。

肉離れというと、短いダッシュやジャンプなどの大きな衝撃が加わったときに起きるものだというイメージがあるかもしれませんが、マラソンのような長距離ランニングでも起きることがあります。




肉離れといっても程度には差があるので、軽度の場合はゆっくりとしたジョギング程度なら出来てしまうこともあります。

しかし重くなってくると痛みは激痛に変わり、ランニングどころか歩くのも難しくなってきます。特によく痛む場所は、ふくらはぎの内側で膨らんでいる部分です。


3.筋挫傷の痛みに無理は禁物

肉離れに限らず言われることですが、走り始めは痛くても10~15分程ランニングを続けているうちに痛みが消えるようなら、障害の程度はそれほど心配しなくてもいいと言われます。

ですので、この段階であれば様子を見ながら練習を続け、練習後に必ずアイシングやストレッチを行うことで対処できるでしょう。

しかし走っていても痛みが消えない、もしくは少しでも強くなるようなら、則中止すべきです。同じくアイシングで炎症を抑えますが、ストレッチは避けて医療機関を受診しましょう。

損傷がひどいときに筋肉を伸ばすと、よけい損傷を悪化させることがあります。ある程度練習に熱を入れているランナーの間では、「ランナーにケガは付き物」と言われることもありますが、休まなければいけない時もあります。

痛みがなくなってきたら少しずつストレッチやマッサージで筋肉の緊張を取り除き、使っていなかった足首を動かして関節の柔軟性を取り戻します。

焦りを抑えて慎重に進めることが結果的にブランクを最小限にとどめることになるので、自分に言い聞かせて頑張りましょう。