ランニングをしていて一番怖いのが膝痛です。

無理をしてそのまま走り続けると更にひどい膝通を起こしてしまいます。

ペースを落としたり練習をやめたりし、適切な処置をとるようにしてください。

私はちょっとしたことで走っても膝痛が出なくなりました。


1.膝痛が起こる原因

ランニングはストライドにもよりますが、一般的に歩く際の3倍の衝撃を受けると言われています。

走る距離が長ければ長いほど、体重が重ければ重いほど衝撃は多くかかってきます。

そしてその衝撃を受け続け故障を起こしやすい箇所が膝です。

私も一時期膝痛に悩まされましたが、膝に痛みが走ったら、走るたびに痛みを増してしまうので歩かざるを得なくなってきます。

なぜ膝痛が起こったのか分析をし、再び膝痛が起こらないよう再発防止に努めてください。

体重が多いマラソンランナーは走って痩せるという考えを持っていると思いますが、いきなり長い距離を走ってしまうと必ず膝をけがしてしまうのでダイエットをランニング、ウォーキング、サイクリング、スイミングなどに分散し、膝痛が起こらないよう努めてください。


1.膝痛が起こったらスピード練習をしないようにする

膝痛はトレーニングの負荷に耐えられなかったから起こるものです。

それがスピードによる負荷なのか、距離による負荷なのか知る必要があります。

多くの場合はスピードによる負荷の場合で、スピードを上げて走っているため膝に衝撃を受けすぎてその運動強度に膝が耐えられなくなり悲鳴を上げるということが多いです。




スピードを落とし距離を増やすことで膝への負担を軽減し、LSDを取り入れ走力を落とさないようなトレーニングに切り替えるとよいでしょう。


2.とにかくストレッチを増やし、膝を冷やす

膝痛は1日の練習でいきなり訪れることもあれば日々の疲労が蓄積されて起こることもあります。

日々の疲労を残さないためにストレッチを行いお風呂場では水をかけ膝を冷やすと言った対処法を取るとよいでしょう。

膝のストレッチは曲げるだけでなく回すと言った動作を行うことをお勧めします。

また塗り薬を膝に塗り、その際に入念にマッサージするとよいでしょう。


2.ちょっとした工夫で膝痛からなくなることがある

ちょっとした工夫で膝痛を回避することができます。

まず膝痛は大体の場合がどちらか片方を痛めるということです。

つまり走っているバランスに問題があるのです。

私は膝をカバーするためのタイツを買いにマラソンに特化したスポーツ店に行ったのですが、そこで買ったのは靴の中に入れるソールでした。

「なんで?」と思われると思いますが(実際私も思いました)ソールを入れるだけで左右のバランスを均等に保つことができるのです。

そのソールを普段使うランニングシューズにいれたら驚くことに膝痛がなくなりました。

スポーツ店に行き相談してみると意外なものが恐ろしいほどの効果を示すことがあるかもしれません。

整体に行くのもいいですが、スポーツ店に行って見るのも手だと思います。