ランニングをする際痛める箇所と言ったら足周りの筋肉、膝や足首などの関節、腰と言った箇所を挙げられがちだが、
ランナーによってはお尻に痛みを抱えてしまう事もあります。

ここではそうしたランナーへの対処法などを記載します。


1. お尻が痛くなるという事について

ランニング中にお尻を痛めた事はないでしょうか。

お尻は直接地面に打ち付けるわけでもないのであまり痛める事がないというランナーにとってはとくに痛みを覚える箇所ではありません。

しかし痛くなる人にとっては痛くなる箇所です。

また、痛みが出ない人でもランニングをしていてお尻が痛くなる事がないという保証はないため下記頭の中にメモ程度でもいいので残しておいてください。


1. お尻の痛みとは

ランニングを行う際使う筋肉は足周りを真っ先に挙げられます。

しかし股関節と臀部の筋肉も思いの外使っています。

ランニングでお尻を痛めてしまう場合多くの人が、梨状筋という筋肉が坐骨神経を圧迫してしまい、
臀部に痛みを覚えてしまうというケースが多いですが。

さらに人によっては太もも全体やふくらはぎにまで痛みを覚えさせ、足全体に疲労感を与えることもあります。

筋肉痛の場合もありますが、お尻に痛みがあるなと思ったら状況をみて走ったり思い切って休んでしまう方がいいでしょう。

他のランナーがあまり痛めない箇所と言うのはランニングフォームが崩れている可能性もあります。




臀部に衝撃が受けにくいフォームを模索していくのもランニングを上達させる上で必要になってくる可能性もあります。


2. お尻に痛みが出てしまったときの対処方法

お尻が痛くなったときの対処法としてあげられるのがストレッチです。

例えば腰の場合反る、足の場合揉むなどがありますが、臀部の場合おすすめなのはテニスボールを使うということです。

仰向けになりテニスボールをお尻の下に入れてください。

ベストなのはかかとで上体を動かしながら臀部全体のコリをほぐすようにボールを当てることです。

もし足を伸ばしたままだと痛いという場合は膝を曲げて同じように動かしてください。

テニスボールがない場合やテニスボールだと大きいという場合はゴルフボールで試してみるといいでしょう。

ゴルフボールは硬いのでゴム製のゴルフボールを使うのもいいと思います。


2. その他役に立つストレッチ

その他おすすめなのは、これは臀部を痛めた時だけというわけではないのですが、お風呂上がりにストレッチをすると言うことです。

体が柔らかい方が怪我をするリスクが軽減されます。

そして体を柔らかくするのはお風呂上がりの体温が上がっている時がチャンスです。

ずっと続けていると体が柔らかくなるのが分かるので楽しいです。

お風呂上がりに股関節を開いたり足を伸ばすように座りそのまま前屈させると言うことを何度も繰り返し臀部の怪我を防止してください。