マラソンランナーにとって厄介な膝痛み。

走らなければ痛みは出ないけど走ってしばらくすると痛みが走る。

そのくらいの膝の痛みならテーピングをすれば走るのをやめなくても済む可能性があります。

ここではテーピングの効果について記載します。


1.テーピングの効果

膝の痛みに応急処置をすると言ったらはやいテーピングをすることでしょう。

膝を固定することにより、怪我の再発防止を促すこともできますし、怪我の予防を行うこともできます。

効果は人によって違うと思いますが、テーピングをすることにより走っても全く痛みを感じなくなったというランナーもいます。

不安を抱えているランナーがフルマラソンなどの長距離の大会に出る際、膝に不安を抱えている場合テーピングの巻き方を学んでおくことをお勧めします。

きちんとしたテーピングの巻き方さえ覚えてしまえば不安を抱えることなくマラソン大会に臨めることができます。


1.テーピングの巻き方と効果

テーピングは適切な巻き方をすれば膝が固定され膝に最小限の負担をかけるだけでランニングを続けることができます。

しかしテーピングの巻き方が分からないという人はいないでしょうか。

私もランニングをして膝痛が出た時にテーピングをしようとしましたが巻き方が分からなかったから買うのをためらっていました。

あきらめようとしましたがネットを見たら膝だけでなくあらゆる部位の巻き方が乗っていました。




今ではテーピングの巻き方の動画も多いので似せたら正しい巻き方ができます。

またテーピングは安価の為巻き方の心配をせず購入するのをお勧めします。


2.テーピングの効果を過信しないように

とはいえテーピングは薬ではありません。

テーピングをつけていたら膝が治るということではないのでそれだけは肝に銘じてください。

またテーピングの巻き方を間違えてしまたり、きつく巻きすぎてしまったりしたら、ただ締め付けてしまうだけになってしまうので注意してください。

テーピングをしたからと言ってランニング練習の強度を下げなければ必ずけがはひどくなってしまうので、軽い練習を続けるためにテーピングをするという意識を持ってください。


2.テーピングの巻き方を学ぶ

テーピングの学び方はネットで学ぶことができます。

しかしネットで見よう見まねでテーピングを張った場合万が一間違えた際自分ではそれに気づかないということがあります。

そうならないために整骨院で巻き方を学んだり、スポーツ用品店でテーピングを買った際に教えてもらったりすることができます。

私の知人は薬局でテーピングを買い、そこにいた薬剤師に巻き方を教わったという者がいます。(薬剤師がテーピングの巻き方を知っているとは限らないかもしれませんが聞いてみる価値はあるかもしれません)

実際巻き方を知っている人に聞いて適切なテーピングの巻き方を学んでください。